ECサイト

Shopifyの特徴 |「各種SNS連携」

皆様はSNSって普段ご利用されますか?

SNSとはSocial Networking Serviceのことで、インターネットを通じて世界中のユーザーと繋がる事が可能なサービスのことで、代表的な物だと、TwitterやFacebook、Instagramなどが挙げられます。

Shopifyは、そういった各種SNSと簡単に連携する事が可能なので、SNSを活用したECサイト運営には最適です。

ECサイトとSNS

ECサイトは、世界中からアクセスができるという大きなメリットがありますが、実店舗の様に近くを通った人がふらっと立ち寄るということはないので、ユーザーの検索ワードに何かしら関連していたり、特集記事に掲載されてそこからアクセスされたりなど、きっかけがない限り人が訪れることはありません。

スマートフォンを1人1台持っている現代、そのきっかけの一つとして、大きな効果が見込めるのがSNSなのです

SNSと連携するメリット

SNSが効果的な理由として、「拡散力の高さ」が挙げられます。

例えば、自分が店舗を経営していて、それをより多くの人に知ってもらいたい場合、何をしますか?

  • 広告を街中や誌面に掲載する
  • テレビなどでCMを流す
  • 口コミを広めてもらう

などの対策が挙がるかと思います。しかし、どれもお金や時間がかかってしまいますし、ある程度の規模がないと実践するのは難しいですよね。

しかし、SNSへの投稿であれば、基本的に無料でできます。そして、ユーザーが投稿を気に入ってくれれば、ユーザーが仲間に情報を共有してくれます。そして共有を受けたユーザーがまた別の仲間に…という様な形で1つの投稿からどんどん広がっていくのです!

そして、ある程度まで広がるとトレンドとしてSNSのサービス側にも取り上げられ、より多くのユーザーに情報が発信されるのです

または、実際にオンラインショップで商品を購入し、手元に届いたユーザーがその喜びをSNSに投稿することで、そこから爆発的に広がるケースもあります。

この様に1つの投稿をきっかけに、爆発的に多くのユーザーに拡散する現象を「バズる」と言います。

実際にたった1つの投稿がバズって訪問者数が爆発的に増えたという例は数多くあり、投稿後即品切れになってしまったということも多々あります(笑)。

このバズりを狙うことで、ユーザーの流入を数十倍、数百倍にも増加させる事ができるのです!

相性の良いSNS

これからのECサイトにとって、SNSが重要な役割をになっているのは前述の内容で感じていただけたと思います。しかし、SNSと一口に言ってもいくつも種類がありますし、それぞれ特徴も違います。実際問題どのSNSとの相性が一番良いのでしょうか。

Facebook

Facebookの特徴が他のSNSと違う部分は実名登録というところ。匿名性がないため、口コミや投稿の信頼性は高いです。しかし、拡散力はそれ程高くないので、Facebookで爆発的な拡散というのは難しいでしょう。

Twitter

SNSの中でもかなり大きな拡散規模と拡散スピードを持つSNSです。ただし、自分から発信する場合はフォロワー数などの影響を大きく受けるので、投稿の内容やハッシュタグの選定などがかなり重要になってきます。

Instagram

画像が大きな役割を持つSNS。ShopNow機能を活用することで、投稿された画像から商品ページへの誘導が可能です。画像の影響力は文章よりも圧倒的に大きいため、画像のクオリティ次第で大幅な拡散が見込めます。Shop Nowについて詳しくは後述しますが、通常のシンプルな商品画像以外からもアプローチができるという点でECと相性が最も良いと言えるでしょう。

ShopNowとは?

ShopNowとは一言で言えば、Instagramショッピング機能のことです。Instagramに投稿した画像に商品を載せ、そこにタグを付けることが可能になります。以前は、ユーザー自身が画像とECサイト上の商品画像を照らし合わせて購入する必要がありますが、画像のタグに商品情報が表示されます。そして、そのタグをタップすれば、Facebookの商品情報ページに移動できるので、ユーザーの手間が大きく省けます。

ベースとなるECサイトだけでなくFacebookページにも商品の登録は必要となりますが、ECサイト上でのシンプルな商品画像だけでなく、商品だけではイメージしにくい様な利用シーンの提案も可能ですし、実際に取り扱っている商品をうまく活用した画像なら、商品への愛情が伝わり、ショップの印象アップやブランディングにも繋がります

商品画像をFacebookに掲載するためには、Facebookのコマースポリシーに準拠した商品である必要があります。中には禁止されている商品もあり、例えばアルコールなどはコマースポリシーに反しているため、ShopNowの活用はできません。

まとめ

ECサイトへのユーザーの流入を増やすための方法はいくつかありますが、その中でも最もコストパフォーマンスが高いのが、ShopNow機能を活用したInstagramへの投稿です

Shopifyなら連携するための機能が初めから整っていますので、連携したらあとは投稿をするだけ。

SNSを最大限に活用し、新しい販路を開拓しましょう!